ピュアHOME JOLIE

JOLIE(ジョリー)は、高断熱高気密+高耐震で省令準耐火仕様の高性能住宅。シンプルながらも新しさを感じる飽きのこないデザインで、無駄を無くした3LDK+収納付の各部屋は、散らかりにくく、空間も広くスッキリ。洗練されたデザインの仕様は、ちょっとしたかわいいやカッコイイを取り入れ、毎日が楽しく、心地よく暮らせる理想の空間に。家族に必要な住まいの形を8プランラインナップ。コストパフォーマンスの高さも魅力です。

JOLIE 友達に自慢したくなる家は、子育て世代のマイホームづくりの思いにお応え致します。

 

 

 

 

 

 

 

ピュアHOME JOLIE

 想いを紡ぐ家は、お施主様のご希望やご要望、またはご両親様からの助言などから、こういった家を建てたいという、お施主様の想いをひとつひとつ紡いで家をつくる完全フリープランです。施主様にとって世界で唯一の家をつくります。変化に富んだ美しい外観も見所のひとつ。選べるキッチンをはじめ、充実の標準設備が毎日の生活を快適にしてくれます。もちろん、高断熱高気密+高耐震で省令準耐火仕様の高性能住宅です。伸和ハウスのプランは建築士やコーディネーターの有資格者が中心となって企画しています。中でも女性スタッフが中心となり、みなさんと同じように食事をつくり、洗濯などの家事をしながら、生活の中で感じる不便さなどを敏感に受け止め、機能的かつ、おしゃれに多くのお客様のニーズに応えられるようなプランをご提案しております。プラン完成後も、設計スタッフ・現場スタッフが、技術面・コスト面の検証をし、それぞれの専門スタッフが意見をもちより、より良い品質の住宅を作るため、新しい技術を取り入れながら、品質を守っています。「末永く家族と一緒に住む家づくり」のためにお客様に安心のお住まいをお約束いたします。

 

 

基礎

 

 

 

 伸和ハウスの基礎は、第三者保証期間保証基準に基づく高耐久構造と、基礎パッキング工法を採用しています。この工法は基礎と土台の間にエコパッキンを設置 することにより、床下の通気を良くすることで土台を乾燥させ、腐りの原因をなくし、更にシロアリが生息しにくい床下環境をつくります。また、鉄筋やコンクリートを切断することなく換気できるので、丈夫な基礎ができます。

 基礎と土台、構造体を強固に支えるため法律で定められたホールダウン金物で補強し、土台をしっかりとアンカーボルトで留めます。こうすることによって基礎と構造体が一体となり、優れた耐震性を発揮します。

 

 

 

 構造体

 

 

 構造材には日本を代表する針葉樹・岩手県産材カラマツの集成材を使用しています。カラマツは針葉樹の中ではトップクラスの強度を持ち、耐水性・耐久性に優れています。更に、しっかりと乾燥させ、集成材にすることで狂いが生じにくくなります。また、土台には人には無害な、シロアリを寄せ付けない薬品を加圧注入して、更に耐久性を高めています。

 これまでの木造軸組工法では、地震や突風などに対して、壁面の弱さが心配されてきました。そこで、従来の「筋かい」などの、柱や壁を点で支える工法とは異なり、「耐力面材」を使用し、面で支える工法を取り入れました。水平面では、1・2階に厚さ28mmの床下地合板と桁上合板の三層の剛床で水平面の三面を、外周面の鉛直面では構造用面材を張って耐力壁として、鉛直面の4面をそれぞれ頑丈に支えています。この「7面体」となった箱型構造は、大地震などの大きな揺れに建物全体(面)で受け止め、力を分散させることで、高い安全性を確保します。お客様が安心して安全にお住まいいただける住宅を伸和ハウスはご提案いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 伸和ハウスの高断熱・高気密住宅「新在来工法」は木造住宅に最も適した充填断熱です。

 床・壁・天井に隙間なく、ていねいに施工するのであたたかさを逃しません。

 

 

 

高断熱高気密

 

 

 天井部分には吹き込みタイプの断熱材を使用します。狭い小屋裏部分にも、隙間なく均一に施工できるので断熱欠損などは起こりません。
また、構造上断熱材の厚さが薄くなってしまう軒先周辺はボード状の断熱材で補強して、天井部分の断熱性能を低下させません。

 外廻りの壁には、高性能グラスウールを充填します。高性能グラスウールとは、ガラスを綿状の繊維質に加工した断熱材の中でもより高密度で繊維の細かい高性能なものです。その絡み合った細かいガラス繊維が空気を動きにくくするため、高い断熱性能を発揮します。

 床部分には押出法ポリスチレンフォームを充填します。受け金具を使用しますので、断熱材の垂れや落下がなく、長期間にわたって断熱性能を発揮します。
水廻りの基礎部分(玄関や浴室の下)には押出法ポリスチレンフォーム保温板を使用します。完全に独立した無数の気泡でできた発砲体の断熱材で断熱性に大変優れています。また、防蟻剤を混入し、断熱材自体にシロアリの食害を防ぐ効能を持たせており、防蟻性が非常に高いと言えます。

 

 

 

断熱サッシ

 

 断熱樹脂窓を採用することにより、冬は暖かく、夏は涼しい快適環境を実現。樹脂サッシにすることで室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。
また、アルゴンガス入Low-E複層ガラスは熱が逃げにくく、外気温が同じ条件で比べても冬の室内温度に大きく差が出ます。さらに太陽の熱も大きくカットして夏の直射日光を受け続けても温度が上がりにくく、冷房効果を落としません。

 玄関は断熱タイプのドアを採用。辺縁部熱遮断構造の厚さ42mmもあるパネルドアと断熱枠を組み合わせています。さらに、採光部分にはLow-E複層ガラスが使われおり、高い断熱性能を発揮しています。また、「スリット採光」、「プレーン」、「板張り」など様々なデザインや色をお客様のお好みにあった形でお選びいただけます。

 

 

 

 

気密測定

 

 

 伸和ハウスでは全棟中間時と完了時の2回、必ず気密測定を行っています。隙間は部材と部材の継ぎ目、電話配線や配管のために開けた穴などに生じます。断熱性能の高い材料を使っても、隙間を完全に埋めなければ本当の高断熱・高気密住宅は実現しません。そこで、グラスウールを充填した室内側には、防湿・気密シートを連続して張り、室内の熱エネルギーが外部へ逃げるのを抑えます。気密シートは木材を当ててしっかり釘打し、T字部は気密テープで丁寧に処理します。気密施工まで終わったら、中間の気密測定をします。断熱性能を高めるためには、気密性能がきちんと発揮されていなくてはなりません。きちんと発揮できているかどうかをチェックするために第三者に依頼し、隙間の大きさを測定器で実施します。この気密測定を行うことにより、断熱に必要不可欠な気密性能がきちんと発揮できているかチェックします。

 

 

◎測定した結果、延べ床面積に対する隙間面積の割合を「相当隙間面積C値(㎠/㎡)」と言い、床面積1㎡あたりに何㎠の隙間があるかを示し、値が小さい程、気密性が高い事を意味します。伸和ハウスの過去の気密測定値は以下のようになっています。

 

 

 

 

 浴室

 

 

 毎日使うものだから、お手入れのしやすさ・デザインにこだわりました。また、浴室全体をまるごと断熱。浴槽内のお湯も4時間経っても2℃下がるだけだから光熱費もオトクに。

 一度使うと離れられないその床のやさしさと気持ちよさ、心地良いやわらかさを求めてたどり着いた畳のような感触。W断熱構造が床裏からの冷気をシャットアウト。優れた断熱性能で室温とほぼ同じ温度を実現。

 

 

 

キッチン

 

 

 高さのある大容量の引き出しなので、深鍋やボウル等も入れることが出来ます。たくさん詰め込んでもスムーズに滑るスライドレールだから、開閉もラクラク。使いやすさを第一に考えています。足元のスペースアップも収納空間として活用。スライドレール全開に出来る引き出しだから、奥に入れたものもひと目で見つかります。

 

 

 

F☆☆☆☆

 

 

 伸和ハウスでは、高気密化された住宅だからこそ、使うものにもこだわりました。建材・クロスは全てF☆☆☆☆商品です。ご家族が健康に安心して暮らす住まいですから、近年問題となっているシックハウスという問題に真剣に取り組み、原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質に配慮した素材を使用し、度重なる検査をクリアして健康で快適な住まいづくりを目指しています。

◎F☆☆☆☆とは? 2003年7月に施行されたシックハウス対策のための規制。シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、建築物に使用する建材や、換気設備に関して一定の基準が設けられました。その建材の等級を、「☆」の数で示します。F☆☆☆☆は、等級の中で一番厳しい基準をクリアした商品につけられるもの。当社では、クロスだけでなく、合板や木製建具、床材等々規制を受ける空間にはこのF☆☆☆☆の商品を使用しています。

 

 

 

ハイクリーンボード

 

  内装壁の裏面側空間では、高濃度のホルムアルデヒドがたまり、石膏ボードやビニル壁紙を透過して室内に流入することがあります。ハイクリンボードを使用することによって、壁・天井内部から室内への放散をほぼ抑えることができます。

 

 

 

認定クロス

 

  壁紙は、「JIS規格」または「大臣認定」を取得したF☆☆☆☆壁紙。ホルムアルデヒドの放散を限りなく少なくした商品です。クロス用のりは有害なアセトアルデヒドやホルムアルデヒドの化学物質の発生がなく、かつ、優れた接着力を持ちます。

 

 

 

リサイクル

 

  グラスウールは、地球のオゾン層破壊につながるフロンガスも代替フロンも一切使用していません。グラスウールは、繊維と繊維の間にできた無数の空気層によって断熱性能が高められているので、発泡ガス等は一切使用せず製造される断熱材です。そのため、製造時のCO2排出量も極めて低く、地球温暖化防止にも貢献できる、地球にやさしい断熱材です。地球環境の保護を考える上で、廃棄物削減も重要な課題です。グラスウールは製品そのものがリサイクルから生まれた断熱材です。しかも、製品になった後でも再利用可能です。産業廃棄物の約2割を占める建設廃棄物削減に向けて、より耐久性の高い住宅建築とリサイクルの両面から、グラスウールは貢献できます。

 

 

 

 

  どんなに優れた建物でも、歳月とともにいつの間にか自然の影響を受けているものです。そんななかで新築時の美しさ、日常の快適さを保つためには日頃からのお手入れが何よりも大切です。お住まいも常に気にかけ、優しく付き合えばよい関係を続けることができます。ですが、住まいのお手入れにはご自身でできることとプロの手を必要とするものとがあります。ですから何か小さなことでも気づかれた時点で、すぐに適切な対応をすることが、お住まいと上手に付き合う秘訣です。困ったことや分からないことがありましたらすぐに伸和ハウスのアフターサービスセンターまでご相談ください。

 

 

 

 

次世代基準を大きく超える省エネ住宅。これからの住まい

これまでの高断熱高気密住宅が、生活の質を一変させたことは言うまでもありません。
しかし、原油の高騰や地球規模での温暖化などから、更なるランニングコストの削減が求められた結果、考え出されたのが超高断熱住宅Q1.0(キューワン)」です。
 この工法は南面から太陽光をふんだんに取り入れ、外壁、屋根面の断熱材をより厚くし、窓ガラスの強化を図ったうえ、高性能熱交換機を設置することにより、室内の熱損失を極力おさえ、次世代基準仕様の必要年間灯油量の半減を目指したものです。 

暖房エネルギーを半分以下に削減する

Q1.0(キューワン)住宅を「一言」でいえば超省エネの高断熱住宅です。
Q1.0(キューワン)とは、建物全体から自然に奪われざるを得ない熱エネルギー(熱損失係数といいます)を 、現在の住宅性能の基準である次世代省エネ基準、1㎡あたり1.6ワットというレベルから、1ワット程度に レベルアップできるよう、住宅の高性能化を図ろうというプロジェクトです。 (プロジェクトは新住協(新木造住宅技術研究協議会)のQ1.0プロジェクトであり、伸和ハウスは新住協の岩手支部会員です。)
わかりやすい比較でいえば、札幌市の40坪程度の住宅における年間灯油消費量を、現状の目標レベル1400リ ットルから、700リットル程度まで半減させようというものです。 

▼新住協代表、鎌田紀彦教授の「Q1住宅の提案」(PDF:1.6Mbyte) >>鎌田先生Q1住宅の提案PDF

Q1住宅とは

北海道の高断熱住宅の標準となる北方型住宅(次世代省エネ基準を満たす住宅でQ値が1.6W/㎡以下)は、北海道の一般的な、ストーブで 部分暖房をする住宅に比べ、約2/3の灯油消費で全室暖房が可能になります。本州の次世代省エネ住宅が、一般住宅に比べて、全室暖房 をすると2倍の暖房エネルギーを消費するのに対し、はるかに厳しい基準です。この、北海道の高断熱住宅の暖房エネルギーを、さらに半分 以下にしようとすると、地域によって差はありますが、おおむねQ値=1.0前後になることから、Q1.0(キューワン)住宅と名づけられました。そして、 こうした住宅を北海道に普及させようと、新住協は技術開発を行いながら、住宅をつくりはじめています。(図1参照)

 

図1)モデル住宅の次世代基準仕様とⅠ地域仕様による暖房灯油消費量比較表

新住協「Q1住宅の提案」より

新住協ではこれまでの20年、「高断熱住宅を造る技術」に取り組んできました。そして今、会員の多くに断熱技術がほぼ構築されたとみて、次の目標を掲げました。それがQ1住宅です。断熱性能をさらに高め、窓や換気の熱ロスを抑え、太陽エネルギーをより効率的に活用し、暖房エネルギーを減少させることでCO2削減に貢献しようというものです。(勿論、夏対策や快適な暮らしを実現する住宅デザインなどもおりこむことは言うまでもありません。)

「暖房エネルギーはどのようにして削減するか」・・先ず、暖房エネルギー計算を知ろう。

寒い部屋で布団にくるまって寝るとやがて暖かくなります。布団から逃げる熱と、人間が出す熱がバランスしているのです。 部屋が寒いときは布団を厚くする必要があります。布団が薄いと逃げる熱のほうが多く、寒いので電気毛布などの暖房器を布団の中に入れて熱を補う 必要があります。逆に、部屋がそんなに寒くないと、厚い布団では暑くなってしまいます。住宅の暖房もこれと同じです。

 

布団は住宅の断熱材であり、布団の中の空間は住宅の室内空間です。住宅の中で人間は熱を放出していますが、布団の中に比べて住宅空間は広いので、 断熱材をかなり厚くしても、それだけでは足りず暖房する必要があります。

電気毛布ではなく、ストーブや温水ボイラーを使います。布団の中と大きく違う点は、住宅には窓があり、太陽熱が入ってくることです。また、住宅内で生活する我々は電気器具やガス器具を使い、それによって熱が放出されます。

図2は、そうした住宅の熱収支を示しています。外気温に比べて室内のほうが温度が高いと、住宅から熱が逃げます。温度差1℃のとき、床、壁、天井、窓から逃げる熱および隙間風や換気で逃げる熱の合計をQとすると、これに温度差を掛けた量が住宅から逃げる熱損失です。外気温が変動しますから、毎日の平均外気温と平均室内気温との差を冬期間全部足してQに掛けると、冬期間全体の熱損失になります。

 

一方で、住宅に供給される熱は、人間が出す熱や生活で使った電気・ガスで発生する熱と、窓から入ってくる太陽熱を加えたものです。これを冬期間全部で計算すればよいわけです。これをEとします。損失熱(Q×温度差)と供給熱(E)を比べると、寒冷地では損失のほうがずっと大きく、その差が必要な暖房エネルギーなのです。

 

この結果、暖房エネルギーを削減するにはいくつかの方法があることがわかります。第1は、熱損失Qを減らすことです。温度差は地域によって決まりますから減らすことができません。

 

図2)住宅の熱損失

高断熱住宅の暖房エネルギーをさらに減らす手法

1.第1の手法 換気の熱損失を減らす

2.第2の手法 開口部の強化と太陽熱利用

3.第3の手法 断熱の強化

 

暖房エネルギーは住宅の建設地の暖房度日数(寒さの量)、日射量、住宅の断熱性能、窓の大きさ、サッシガラスの種類によって変動します。なお、年間暖房エネルギー計算は新住協で開発した計算プログラムQPEXで計算されています。

  • 伸和ハウスの家づくり
  • 古民家再生住宅 リノベーション
  • 不動産情報

トップへ戻る