高断熱高気密住宅だからこそ出来るリフォームがあります。

「家族が増えた。」「あたたかくしたい。」「使い勝手を良くしたい。」、そうお考えの方は多いのではないでしょうか?  

私ども、伸和ハウスは住宅の構造、断熱について熟知しております。特に増改築・減築・間取り変更を伴う様なリフォームの際には、抜いてはならない柱や、どのように補強すべきか、またねつを逃げにくくするためのノウハウが不可欠です。この地域で長年にわたり、まじめに高断熱高気密住宅に取り組んできた私どもこそ、お客様に自信をもってご提案いたします。

施工事例

事例先代の建物を残したい

Before

先代がつくった建物を壊すことなく、これからも残していきたいというお施主様の強い想いから、3年程前からリフォームを検討。そして、やるなら高断熱高気密で省エネ・耐震性も重視したいとうことで弊社の継承の家での家づくりが始まりました。昔の立派な梁や柱を持つ躯体をあらわして古き良き時代の雰囲気を残しつつ、安全・安心・快適な次の世代に受け継ぐ素晴らしい家へと生まれ変わりました。

After

事例本来の姿を甦らせました

Before

築約150年の住宅で土間があり、冬場の台所は外気と同じ気温になることも。当初の姿の歴史性や思い出の痕を残しつつ、断熱改修も行い、高い天井でも暖かい住まいを実現しました。

After
  • ★奥様は「水廻りが新しくなったのがとってもうれしい!(^^)!」とのことでした♪

事例築150年の古民家再生

Before

残せるものはそのまま補修して再利用し、かつての面影をそのままに再生しました。

After
  • ★2010年劇的ビフォーアフターTV放送作品

事例鉄骨造のリノベーション

Before

以前祖父が営んでいた、仕出し・宴会場の鉄骨造の建物を自分達が住む住宅に再生することが出来ないだろうかとお客様にご相談いただいたのがリフォームのはじまりで、間口18m×奥行10mの中に、柱が1本も無い鉄骨造の広い空間を確保できる利点を生かし、古いものを取り壊さずに再生したいという、古い建物に価値を見い出したお客様の考えに共感しました。2階を居宅として、外部からの目線を気にすることなく、ワンフロアーで遊び心のある、まるで最上階の高級マンションに住んでいるかのようなイメージに。もちろん、弊社で取り組んでおります高断熱高気密住宅のノウハウを生かし、暖冷房効果が高まる快適な暮らしが実現できます。

After
  • 鉄骨造の広い空間を確保できる利点を生かしたリビングルーム。

  • お客様も一部壁を塗る作業を体験されました。

  • まだ幼い娘さんも参加されました(^^)v

事例次の100年を生きていく

Before

築百年を越える古民家。現代の生活にも合うように間取りを直し、大きな家の中に断熱材でくるんだもう一つの空間を入れこむことで、少ないエネルギーで冬暖かく夏涼しい生活を送ることができます。

After
  • お施主様自ら机に塗料を塗りました。

  • お客様参加型の家づくりを伸和ハウスは推奨します。

事例趣を残して快適な住まいに

Before

築125年の古民家の趣を最大限活かしながら、性能・快適性を高めました。

After

事例高い技術力で再生

Before

職人の豊富な知識と高い技術力で、構造的補強から断熱改修を行い、次の世代へ繋がる建物に仕上がりました。

After

事例住まいの快適性能をアップ

Before

床・壁・天井をすっぽりと断熱・気密施工を施し、住まい全体の断熱性能を向上させました。

After

事例内外リフォーム

Before

まるで新築のような仕上りに。

After

事例思入れのあるものを再利用

Before

思い入れのあるものを別の場所へ再利用。 思い出を後世へつなぐ。

After
  • 欅の上り框キッチンカウンター、テーブルの天板に。

  • 戸袋の屋根を仏壇の上に甦らせました。

  • 大黒柱の表面を薄く削り再利用。

事例築30年のリノベーション

Before

お嫁さんを迎えるにあたって、冬場マイナス2℃を指すほどの室内環境を変えるのが築30年でのリノベーションのきっかけでした。

After

トップへ戻る